【ロット時期による顔料報告】
2018年〜2020年11月の製造ライン:青みが強い色
2020年12月〜の製造ライン:緑が強い色

人口ロジンの天然着色顔料成分は透明がかった黄色であることが多いのですが、その年の気候やその他の条件により、黄色が強い場合があります。
これが、アズレンの成分(青)と混ざると緑が強くなります。
天然成分の特徴として、色味が異なる場合がありますがご理解いただきご使用をお願いいたします。
※色による交換、返品はお受けしておりません。

2020.12.04
WaxWax.JAPAN 製品開発部

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ